妊婦治療

妊婦治療

安産灸、逆子の灸、つわり、予定日超過…
不安や悩みもベテラン女性スタッフにお話し下さい。

お母さんになられる方へ…

安産灸

私たちの身体には、つわりを楽にしたり、安産や逆子を直す等の名灸穴(すぐれた穴(つぼ))がたくさんあります。

【お灸の効果】

お母さんの体調を整え、妊娠中の足のむくみやだるさを取り、出産時には陣痛が軽くすみます。また、子宮内の環境を整え、先天的な元気を持って、胃腸の丈夫な子供が産まれます。

【安産灸・逆子の灸】

安産灸は妊娠5ヶ月を過ぎ、胎動を感じたら始めるのが良いでしょう。お産を楽にし、赤ちゃんが元気に産まれ、良いおっぱいがでて、産後の肥立ちを良くする(体調を整える)、素晴らしいお灸です!

胎児の位置異常(逆子)にも、お灸は大変良い効果があります。

最初に穴の位置とお灸のすえ方を教われば自分でもできます。
穴(つぼ)の位置とお灸のすえ方は、妊婦専門に治療をしている鍼灸師に指導を受けてください。

改善できる症状(妊婦さんのマイナートラブル)

調子がよくなった

安産や逆子のためのお灸の他にも、妊娠中の方は様々な体調の変化が現れます。辛かったり、何となく調子が悪かったり、元気が出ないこともあるでしょう。

★つわりはきけ、胸のつかえ、気持ち悪さなど

★足冷え・つり・むくみ・むずむず感など

★腰妊娠による腰痛など

★首・肩・背張り・痛みなど

★かゆみ妊婦湿疹など

以上のような体調不良やマイナートラブルを軽減し、心身ともに楽な妊娠生活が送れるようお手伝い致します。
ただし、症状によっては医療機関の受診をお勧めする事もあります。
我慢せずにご相談下さいね。

治療の流れ

治療の流れ

治療と料金について

お灸の箱

安産灸は千年以上前から行われてきた日本の伝統医学です。

産科の知識と治療経験を持った女性鍼灸師(マタニティ鍼灸師)がお手伝いします。

【お灸について】
お灸には、直接灸間接灸があります。
直接灸は、もぐさを米粒ぐらいにひねり、ツボに直接熱を伝えるお灸です。チクッとするぐらいで痕が残る事はありません。治療は鍼灸師が行います。
間接灸は、ツボに間接的に熱を伝えるお灸です。これも痕が残る事はありません。このお灸は簡単に出来るので、治療時に分かり易くお教えし、毎日、自分で行ってもらいます。

自宅灸はワンタッチ灸を使用します。熱くなったら取るので痕も残らず簡単に出来ます。

【料金】
初診料 1,000円
安産灸 5,500円
逆子の灸 6,500円
各種マイナートラブル 5,500円
お灸(もぐさ)1箱 950円(税抜)

※往診可(月・水・金・日曜日:要予約)
料金は、治療費+交通費実費となります。

もぐさについて

もぐさ

お灸は釜屋もぐさ本舗さんの『カマヤミニ(弱)』を使用しています。(釜屋もぐさ本舗ホームページ

【カマヤミニを使用する理由】
1.もぐさが国産である。
2.接着のりが食物のりである。
3.燃えるのが、もぐさのみである。
4.皮膚に接着するのりの面が少ない。つまり、皮膚に優しい。
5.筒の下面が大きく、もぐさの成分がしっかり穴に届く。(穴は体調によって移動することもあります)

妊婦さんが毎日使用するものなので、安全なお灸にこだわりました。

直接、肌に「もぐさ」をのせないワンタッチ灸でも、皮膚の弱い方は”赤くなったり”、”かゆみが出る”こともあります。このような場合は、お灸を据えるのを中止して下さい。

「ママの体験談」や「妊娠中に起こりやすい症状」について

安産灸・逆子の灸

当院は「安産灸ネットワーク」の本部でもあります。

安産灸ネットワークのホームページには多くのママからの体験談やお便り、妊娠中の症状などについて詳細が掲載されています。よろしければ、そちらもぜひご覧ください。

「安産灸体験記」

「妊娠中に起こりやすい症状と治療法」「逆子体験記」

「生まれたよ」「逆子が戻ったよ」「ママからのお便り」等

» 安産灸ネットワーク・ホームページ

母乳育児の準備

母乳育児

【妊娠中から乳房・乳首の手入れを…】

母乳は赤ちゃんに最良の栄養です。母乳は免疫物質を多く含み、赤ちゃんとお母さんのきずなを強くしてくれます。妊娠中は乳房がしだいに大きくなりますが、これも乳腺が発達するため。お母さんの身体は母乳を出すための準備を進めています。

母乳をよく出すため、また赤ちゃんが吸いやすく、強い乳首にするために妊娠中から乳房や乳首の手入れを始めましょう。一般的なケアは次に紹介する通りで、胎動を感じ始めたころがスタートの目安です。産婦人科医や助産師、また母親学級などでもケアの方法を教えてもらえます。最近は「母乳外来」「助産師外来」などを設けている医療機関もあります。

なお、マッサージ中に下腹部に痛み・張りがあるときや、切迫流早産の危険がある場合は中止します。医師の指示を守りましょう。


【ケアの方法】

妊娠中は血行がさかんになり、乳腺も発達していきます。ブラジャーは乳房を支える程度にし、強く圧迫しすぎないようにしましょう。

入浴時には乳房や乳首を清潔にし、入浴後は乳首にコールドクリームやオリーブオイルなどを塗り、軽くマッサージをしておきます。乳頭部(乳口部)に"アカ(角栓)"がたまっているようなときは、オリーブオイルを脱脂綿にひたして10分ほど湿布し、"アカ"を除去しておきます。

乳首が平ら(扁平乳頭)だったり、へこんでいる(陥没乳頭)と、赤ちゃんは乳首をうまく口に含むことができません。妊娠末期に入ったら乳首を清潔な指でつまみ出しておくようにします(産婦人科医や助産師にアドバイスをもらいましょう)。

(財)母子衛生研究会 母子健康手帳副読本より


【お灸おばさんからアドバイス】

日本の女性は12・13歳になるとブラジャーを着けるようになります。年頃になると、ワイヤー入りのもので上げて寄せてと、乳房本来の位置ではない場所に固定する時間が長くなっています。

妊娠をしたら、自宅ではブラジャーは外しておきましょう。乳房の下部(乳房基底部)には母乳を出す工場があります。自然の体の動きにあわせて乳房に刺激が加わることで 母乳を作り易くしておくことも大切です。

ちなみに新生児は1日に10回程度の授乳×1回に吸う回数は100回、つまり1日1000回も乳頭を吸われます。初産のママは乳頭を吸われることで、乳頭が切れたり裂けたりすることもあります。衣類等で乳頭に刺激をすることで乳頭粘膜が強くなります。

※母乳の指導は出産施設によって異なりますので、施設の指導に合わせてください

たばこ・お酒の害から赤ちゃんを守りましょう

母乳育児

【妊娠中・授乳中は禁煙を…】

たばこにはニコチンや一酸化炭素など、有害な物質が数多く含まれています。ニコチンは血管を収縮させますし、一酸化炭素は酸素の運搬をさまたげ、胎児を低酸素状態にしてしまいます。

その結果、赤ちゃんが低出生体重児になる可能性が高くなりますし、流産や早産、さらに周産期死亡率も高くなります。また、乳幼児突然死症候群(SIDS)と関係することも知られています。周りの人の喫煙(受動喫煙)も同様の影響を与える可能性があります。妊婦自身はもちろんのこと周囲の人も妊産婦のそばで喫煙してはいけません。出産後、喫煙を再開してしまうお母さんもいますが、たばこは母乳の分泌に影響を与え、受動喫煙で赤ちゃんが呼吸器の病気を起こしやすくなったり、SIDSの危険が高くなります。

お母さん自身、そして赤ちゃんのためにも、たばこはひかえましょう。周囲の人も赤ちゃんのそばで喫煙してはいけません。


【お酒も胎児や母乳に影響を与えます…】

アルコールは胎盤を通過しやすく、妊娠中の習慣的な飲酒は流産や早産、さらに赤ちゃんのからだや中枢神経に異常を起こす可能性を高めます。

妊娠中の飲酒はやめましょう。

授乳中の飲酒も、母乳の分泌に影響を与えます。また、アルコールは母乳を通じて赤ちゃんに移行します。出産後も、授乳中は飲酒をひかえましょう。

(財)母子衛生研究会 母子健康手帳副読本より

戸部久子の一週間予定表

曜日
午前
午後
月曜日
第一、第三月曜日
治療室(往診可)
第二、第四月曜日
ひな助産院
「安産教室」
治療室(往診可)
火曜日
治療室
治療室
水曜日
第一、第三水曜日
はとがや助産所
「安産教室」

第二水曜日
治療室(往診可)
第四水曜日
海老名総合病院
マタニティセンター
第一、第二、第三水曜日
治療室(往診可)
第四水曜日
海老名総合病院
マタニティセンター
木曜日
治療室
治療室
金曜日
第一、第二、第三金曜日
終日:海老名総合病院マタニティセンター
第四金曜日
治療室(往診可)
土曜日
治療室
治療室
日曜日
休診日

経絡治療

経絡治療

男性歓迎!
経絡治療では、自然治癒力を高めて自分自身の力で疾病を治していきます。

» 詳細を確認する

妊娠サポート

妊娠サポート

妊娠したい!
赤ちゃんに会いたい!
そんなあなたをサポートします。妊娠例も掲載。

» 詳細を確認する

産後ケア

産後ケア

むくみ、腰痛、痔、
乳汁不足、乳腺炎など
産後の体調不良やマイナートラブルを軽減します。

» 詳細を確認する

小児鍼

小児鍼

夜泣き、喘息、アトピー、
夜尿症、かんの虫など
体に刺さないハリです。お母さんが抱っこして治療可。

» 詳細を確認する